心理教育プログラム

スクールカウンセラー制度は、1997年度から導入されて、不登校やいじめなどの学校現場の課題に対応してきました。最近では、問題が起きてからの対応だけでなく、問題が起きる前に予防的に関わることが求められています。 教室に出かけていって、心の健康についての授業を行うこともスクールカウンセラーの活動の一つとして重視されるようになりました。そういう活動は心理教育プログラムと呼ばれています。

タグ:カウンセリング

いじめられている子どもたちは、なかなか「助けてほしい」と言えません。
そのため、なかなか早く気づくことが難しくなってしまいます。

いじめが深刻化してしまう背景には、こんなふうな「相談すること」の難しさがあります。

「援助要請のカウンセリング」では、援助ニーズがあるのに「相談をしない」子どもが
必要に応じて「相談できる」ようになるためのかかわりを提案しています。

「その子どもがなぜ相談しないのか」という点から、5つのタイプに分けて考え、
学校現場できるいじめ問題へのアプローチについて分かりやすく解説されています。

本文中にIDとパスワードが書かれていて、それを金子書房のこの本のホームページに入力すると、ワークシートをダウンロードできるという、画期的な本です。
金子書房のホームページは以下のリンクからどうぞ




第1章 いじめと援助要請の心理学
第2章 援助要請のカウンセリング いじめ予防・未然防止編 
    ●児童生徒のいじめ未然防止活動に>>>指導案&ワークシート
第3章 援助要請のカウンセリング いじめ事例介入・援助編
    ●教員・スクールカウンセラーの研修に>>>事例演習
第4章 「助けて」が言える子ども、「助けて」に気づける援助者になるために
巻末資料 いじめ被害者・加害者に対する援助の基本




認知行動療法をもとにした心理教育プログラムを紹介します。

 中学校や小学校ので行われている心理教育プログラムは、認知行動療法の理論に基づいて行われることが多いと思います。認知行動療法は、うつ病の治療に効果が認められているカウンセリングの理論です。落ち込んだ感情の元になっている、考え方(認知)や行動を修正していくことで、うつ病を改善していくことにつながっています。
教室


 でも、中学生や小学生は、自分自身の気持ちや感情が自分でも良く分かっていないことが多いように思います。特に、他の児童生徒に対して、暴言を吐いてしまったり、暴力が出てしまったりする子どもたちは、自分の感情を捉えることがかなり苦手だと言われています。

 そのため、心理教育プログラムを実施していく場合には、自分自身の感情を捉えることがスタートになると考えられます。

 そういった自分自身の感情を捉えるために役立つ心理教育プログラムがこの記事では4種類紹介されています。プログラムは、20年以上の経験を積んだ現役のスクールカウンセラーによるオリジナルだということです。

 紹介されているプログラムの特徴は、感情をレーダーチャートで分析するところだと思います。日常的にありそうな場面が設定されていて、子どもたちはその場面を想像して、自分の気持ちをレーダーチャートに記入していく作業をします。

 多分、周囲の子ども通しで見比べたりすると、「人それぞれ気持ちが違うんだな」ということが良く分かるのではないかと思います。また、自分自身の気持ちも、ただ腹が立っているだけではなくて、悲しい気持ちも混じっているんだとか、繊細に自分自身の気持ちを捉えられるようになるのではないかと思います。

 中学生や小学校高学年向けの心理教育プログラムでは、考え方やとらえ方を変化させることで、感情が変化するということも学べるようです。認知行動療法そのものとも言える内容ですので、子どもたちの心の健康にとってプラスになるのではないかと思います。

 小学校の低学年の子どもたち向けの心理教育プログラムから中学生向けのプログラムまで公開されています。著作権は保持しているということですが、スクールカウンセラーが学校で使う場合には、自由に使用して良いということです。

 この心理教育プログラムの詳しい情報は以下のリンクからどうぞ。
 心理教育プログラム例ーリソースポート|茨城県守谷市



↑このページのトップヘ